<   2004年 05月 ( 104 )   > この月の画像一覧

今日も元気にバグつぶし

本日も、多くのバグを発見した。
バグとは、その世界では、ソフトウェアの不具合の事を、言うんだけど。

次から次へと出現するこの不具合。
そろそろなくなったかなと思っても、まだまだどんどん出てくる。

人が作ったものだから、まぁしょうがないんだけど、
それにしても.....

まぁ、でもバグ探しとかはやってて、意外と楽しいんだけどね。
宝捜しの感覚があるんだよね。
小さな手がかりを手に、バグを探し出す。

発見した時の喜びと、退治したときの喜びは、ちょっとだけある。
最近は、こんなことが続く日々。
[PR]

by takes90 | 2004-05-31 23:58 | 戯言

嫌な所もいい所も

他人の悪いところも、実は見方によってはいいところにもなる。

私は、友人からたまに、「しつこいよね」と言われることがある。
両親にもよく言われた覚えがあるので、根っからしつこい性格なんだろう。

でも、このしつこい性格。
捕らえようによっては、「こだわりのある人」とか
「自分の考えをちゃんと持っている」とか、
「好きな人に対して一途だね」とか、
いいように言おうとすれば、いくらでも言える。

相手の事を思いやらずに人を悪く言ったり、憎まれ口をたたく人が
いるとする。
ある人は、その人に対して、「性格が悪い」と言うかもしれない。
また、ある人は、自分の気持ちを率直に言う「素直な人」と言うかもしれない。
同じ行動を見ても、全ては捉え方次第なんだと思う。

昨日のドラマ、オレンジデイズの中で愛の告白シーンがあった。
「お前は、性格が悪い。でも、好きだ!」
というセリフがあった。

こうやって、人の悪い部分を受け入れられるというのは、大切なのかも
と感じた。また、長く続くような恋っていうのは、こういう、
嫌な部分も無理せず受け入れられるという必要もあるんだろうね。

嫌な部分をいっぱい知っていて、それでもその人が「好き」
とかいえるような人と、そして、自分の嫌な部分も、
無理せずに受け入れてくれる。
そんな人と、一生、一緒に過ごせたらいいなと感じた今日。
[PR]

by takes90 | 2004-05-31 23:45 | 戯言

みなとみらいへ

昨日今日と暑い日が続いている。
昨日は、今年初めて寝苦しいなと感じたもんである。

天気がいいし、どこか行くかと言う気分になり、
久々に「みなとみらい」に車で行ってきた。

3年くらい前までは、週末なんかはよく足を運んでいたんだけど、
ここ2年くらい行ってないような気がする。

みなとみらい線も開通して、なんか変わったかなと思ってたんだけど、
思ってたほどは、変わってなかったな。
ビルが一つ増えたような気がしたけど、まぁそんなもん。

車の中では、ミスチルの「Sign」をずっとかけていた。
一人暮らしのアパートでは、音量に気を使うからねぇ....

車の中だと、心置きなく大音量で聞けるので、
それもいい気分転換。
[PR]

by takes90 | 2004-05-30 22:11 | 戯言

オレンジデイズ

オレンジデイズの今回の最後のシーン。
なんか気になる終わり方だった。

もしかして、私の予想通りの展開になっていくんだろうか?
今までの展開は、ミスチルの曲の歌詞どおりに話は進んでいる。
どこかの記事でこの曲は、桜井さんがドラマの話を読んだ上で
書いた詩であるとも聞いたような気がする。

今日のシーンだって、

「たまに無頓着な言葉で 汚しあって互いの未熟さに嫌気がさす
でもいつかは裸になり 甘い体温に触れて 優しさを見せつけ合う 」

そのものだし、また、
「僅かだって明かりが心に灯るなら 大切にしなきゃと僕らは誓った」
という詩も、そのものである。

Signという曲の後半部分は、非常に悲しげなメロディになり、

「緑道の木漏れ日が 君に当たって揺れる
時間の美しさと残酷さを知る」

と書かれている、そして、

「残された時間が僕らにはあるから 大切にしなきゃと小さく笑った」

という部分がある。

となると、やっぱりサエは、病気で死んでしまう結末なんだろうか?

なんか、悲しい展開だよな.....
[PR]

by takes90 | 2004-05-30 22:03 | 戯言

私の読むブログたち

最近、ブログのリンクが増えてきていろいろなブログを読んでいる。
多くは、片想いを綴ったブログであったり、普段の自分の心の内を
綴ったブログが好きなのである。

このページからリンクが張ってあるブログは、ほとんどがそう。

その中でも、ちょっと一風変わって面白いなと思ったブログが、
/* ワタシはお酒に弱いダカラ強くなる */
というブログ。
このブログは、お酒の弱い方が、お酒を好きになるための奮闘気と言ったところ
であろうか。

ちなみに、私は、父親の遺伝だろうか、お酒は強い方なので、
このような苦労話はないのだけど。

ちなみに、話はちょっとそれるんだけど、私がこうして日記をつけているのは、
やっぱ数年後に見返してみて、自分の変化と言うものを感じたいと言うのも
ある。

現在、日記をつけ始めて、もうかれこれ5年くらい経過する。
過去の自分を読んでみると、赤面することも多々。
ブログって一種の成長記みたいなもんだと思う。

言い換えれば、フォトアルバムの「文字版」でしょう。
こうして、成長していったんだなぁ、というものをここに刻んでいきたいと
思っている。
このページは、私の「成長日記」そのものなのだ。
[PR]

by takes90 | 2004-05-30 00:34 | 戯言

こんな風にひどく蒸し暑い日

先日ハードディスクを購入した際に、ポイントが3000くらいついていたので、
これを利用してミスチルの新曲「Sign」を買おうと思い、ビックカメラに
CDを買いに行ってきた。

購入して、何度も聞いている。

Signは、後半部分をはじめて聞いた。
なんか、最後の部分はちょっと悲しい感じがした。
それ以外は、以前コメントしたとおり。

2曲目の「妄想満月」って曲は、悪く言えばカップリングらしい曲。
「星になれたら」みないなのを期待していたのでちょっとイメージ違い。
やや期待はずれな感じ。

3曲目の「こんな風にひどく蒸し暑い日」
これは、いい意味で期待を裏切られた。
タイトルだけ見たときは、「1999年、夏、沖縄」みたいな曲なのかな?
って思っていたんだけど、とてもファンキーな曲。
今までのミスチルには完全にない部類の曲であった。
詩は、なんか過去の嫌な思い出を思い出して、
それを歌っているというどちらかというと暗い詩なんだけど、
メロディは、明るい。
ここらへんは、ミスチルらしいといえばらしい。
彼らの曲は、詩が暗い時は得てして、明るいメロディになったりする。

というわけで、3曲目の「こんな風にひどく蒸し暑い日」は多くの人に
聞いてもらいたいなって感じの曲。

ちなみに、私はひどく蒸し暑い日は、何も考える気もしないので、
悪い思い出を思い出すこともないだろうな。
[PR]

by takes90 | 2004-05-30 00:24 | 戯言

本日購入した本

まだまだ読んでない本がいっぱいあるのに、
今日もいっぱいの書籍を買ってしまった。

今日購入した本。

マッキンゼー式世界最強の仕事術
コンサルタントに踊らされるな、日本企業
リエンジニアリング革命

来月中には全部読みたいと思ってるんだけど、
さてさて、果たして、読めるんかな。
[PR]

by takes90 | 2004-05-29 22:05 | 読書メモ

失恋した時の話し相手

ちょっと前に紹介した「理系のための恋愛論」。
今週のテーマは、少しなるほどなーと思った。

今週のテーマは「失恋の話をする相手は」というテーマ。

「失恋して悲しむのは男の方が多い」ってのは、本当なのかな?
確かに、私は男で、失恋したりすると落ち込むけど、
女の人は失恋しても落ち込まないのだろうか?
そんなことはないとは思うのだけど。

失恋して落ち込まないなら、それは、ただ単に愛の深さが浅いだけなのでは?
という気もするが....

もっとも、女の人の心は、男からすれば信じられないくらい
豹変するというのは同意だけど....
だから、男の方が過去の恋愛を引きずるというのはそうかもしれない。

そんなことより、これを読んで、なるほどなーと思った点は、
失恋した時には、同姓に癒しててもらうのではなく、異性の友人に
癒しててもらえ、という部分。

確かに、それは、そうかもね。
といっても、異性の友人に失恋の話なんて今までしたこともないけど。

最後に、もう一度。
「失恋で女の子から受けたキズは、大人の女性の愛によって癒してもらえ」
という言葉はちょっと胸にしまっておくことにしよう。
[PR]

by takes90 | 2004-05-29 19:27 | ネット記事

ソフトウェアの寿命

マイクロソフト社が「マイクロソフト・サポート・ライフサイクル・ポリシー」という
のを改定したらしい。
●MS ビジネスおよび開発用ソフトのサポート期間 最短10年間に

これは、簡単に言えばソフトウェアの寿命と言ってもいいと思う。
昔は、ソフトの進化はすさましく、3年もすると、かなり陳腐化した感が
あったが、今はもう、3年前のWindowsと今のWindowsを比べても
もうそんなに違いは感じない。

というのも、庶民が望む機能というのはもうほとんど網羅されてしまったんだろうね。

このサポート期間延長と言うのはそういう風潮に乗ったのだろうか?

ソフトウェアの寿命は最低で10年か....
新しいものをどんどん出していくなか、古いものもメンテナンスしていく。
世間の風の吹き方はそういう吹き方なのかな....

私もソフトを作っている人間の一人として、世間でどういう風が吹いているのか?
観察していきたいと思う。
[PR]

by takes90 | 2004-05-29 19:05 | ネット記事

心はいい方向に...

ここ数日で、気分も大分、快方の方向に向かっている。
抱えていた悩みたちも、大分解決され、なんとか
普通に暮らせる感覚まで戻ってきたと思う。

ちなみに本日は10時起床。
自分らしい起床時間。
ということで、自分らしさも復活か?

l_vv_maki_vv_l さんかたから頂いたコメントから、
普段起きてる「いいこと」にもっと目を向けてみようと思った。
そうすれば、自然と気分もいい気分になり、自然と笑顔も多くなり、
笑顔が多くなれば、いいことももっと転がってくるという、
幸福のスパイラルへと転換するのではないかなと
感じている。

「嫌なこと」が続くと「いいこと」にも目が向かなくなるもんだけど、
そこは意識改革で、なんとか乗り切りたいもんだ。
[PR]

by takes90 | 2004-05-29 10:21 | 戯言