<   2006年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ドラマ 私の頭の中の消しゴム

この間から始まったGyao1周年記念ドラマ
私の頭の中の消しゴム
を見た。

これは、近くにことの記憶がだんだん消えていくという
女性を描いた作品。

現在の彼のことを忘れ、過去の彼のことしか思い出せなくなっていく
という流れの展開の話。

切ないラブストーリー。

このドラマもなかなか面白そうです。
[PR]

by takes90 | 2006-04-30 01:04 | 戯言

週末の恋 復活

Gyaoで週末の恋が復活するらしいです。

「週末の恋 シーズン2」

という名称で。

好きな番組だったのでうれしい知らせですね。

詳しくは、Gyaoのページで。
[PR]

by takes90 | 2006-04-29 20:54 | 戯言

ストレスチェック

ストレス判定をするサイトがあった。
これは、GyaoのNews番組で発見したもの。

そのサイトはこちら

ストレスを判定してみたら、とりあえず1ということでした。

ただ、最近非常に疲れやすい体になってしまっているのは
自覚している。

仕事の密度が年々高くなってきているからなぁ。

ちなみに私の奥さんは対照的で5です
[PR]

by takes90 | 2006-04-29 11:18 | 戯言

竹仲絵里のライブ

Gyaoで竹仲絵里のライブがやっていた。
Libeat Shibuya duo

インタビュー+ライブと言う番組構成。

やっぱこの人の曲はいいなぁ。
リンク先でも紹介されいるとおり
「カーペンターズやスティーヴィー・ワンダーなど60年代、70年代の洋楽をバックボーンに持ち、聴き手をやさしい気持ちにさせる歌」
というのは納得です。

きっと僕ら30歳前後のの世代には受け入れられやすい曲ですね。
[PR]

by takes90 | 2006-04-20 23:35 | 戯言

男女の産み分け法

GyaOで
男の子・女の子の産み分けができる?
という番組がやっていた。

男女の生まれる差という部分については、そういうことか
と納得できるものがあった。

産み分けの方法として、体位をこうすればいいとか
そんな方法も紹介されていたけど、本当のところは
どうなんでしょうね。

本当に効果があるかどうかは分からないけど、
見てみると面白いかもしれません。

希望がある場合には、だめもとでやってみるのも
いいかもしれません。
[PR]

by takes90 | 2006-04-16 20:11 | 戯言

消費者金融のビジネス

アイフルといえば、ハートマーク。
テレビのCMなどでは、やさしさいイメージを植えつけている。

ただ、この業界って、結局は金貸し事業。
なんで、人に金を貸して、それを利息をつけて返してもらうことにより
利益を得るビジネスモデル。
テレビのCMのようなほんのりとしたイメージでお金なんて
返してもらえるのだろうか。
そもそも、お金に余裕のない人たちがお金を借りるわけで...


<アイフル>全店業務停止 業界への不信、規制強化に流れか


ここでは、強引な取立てを行っていることを問題視しているけど、
こういう金を借りると言う人が、強引に取り立てもしないで、お金を
返すわけが内容に思う。

ここに、このビジネスモデルに矛盾を感じる。

私個人的には、こういうビジネスが成立すること自体
不思議に思うが、成り立っていると言う現実はある。

きっと、みんな数字に対する感覚が薄いんだろうなぁと思う。
ちょっと数字に強い人なら、このような業界にお金を借りようとは思わんと思う。

この業界にお世話になっているのは、駅前で配っている
ポケットティッシュだけですね...
[PR]

by takes90 | 2006-04-15 11:25 | ネット記事

富士の湯

うちから徒歩数分という場所に温泉がある。
綱島と言えば昔は温泉街。
というなごりか、家の近くにも綱島の湯が楽しめる場所がある。

その名は「富士乃湯

本日はここに言ってきて、温まってきました。
ぽかぽかになりました。

風邪気味のときは、暖かいお風呂に入って体を温めることに
しております。
[PR]

by takes90 | 2006-04-09 22:46 | 戯言

GyaOドラマ

ちょっと前のGyaoのドラマは、テレビと比べると
やや遜色があるなぁという感じだったけど、
現在のGyaoドラマは、テレビと比べても遜色がない感じ。
現在見ているのは、2つ。

性病先生
これは、性病の恐ろしさを伝えながらそれをドラマにしている感じ。
1話完結型でなかなか面白いです。

ラブコレ
これは、3人の恋が同時進行です。
ゲイ、レズ、三角関係といろいろな恋愛模様が描かれており
これもなかなかですね。
[PR]

by takes90 | 2006-04-09 22:41 | 戯言

お財布携帯

最近、NTTDoCoMoのコマーシャルとかで
お財布ケータイとかいうフレーズを聞く。

私の現在の感覚としては、単にケータイでお金が払えるだけ
そんなイメージしかない。
普通の人はそうだろうし、それだけだったら別にねぇ...
という気持ちするだろう。

そう思っている中、Gyaoで
Real Business #5 夏野 剛(株式会社エヌ・ティ・ティ ドコモ)
を見た。夏野剛さんはi-modeビジネスを立ち上げた人。
立ち上げる前は、無料インターネットプロバイダーの会社を立ち上げて
失敗しているという経歴の持ち主。

失敗の部分に関してはこの本に記述されている模様。
オンライン書店ビーケーワン:社長失格
そういえば、大分前に購入したもののまだよんでいなかったっけ。
この事実を知り、やや優先度が上がる。


夏野剛さんをみて

「この人、おしゃべりなひとだなぁ」

というのが最初の率直な感想。

でも、話を聞いていると、i-modeの成功は彼がいなかったら
なかったかも。そんな風にも思えた。

話はそれたが、冒頭の「お財布ケータイ」の話に戻る。
現在は、単に
「お金を払う代わりにケータイで払えるようになる」
そんなイメージしかないが、将来的には、財布の中身
ポケットの中身を全部ケータイに統合したいというプランがあるらしい。

そうなると一気に魅力的な話になる。

例えば、お店の会員証。
新しいお店に行くたびに増えるが、これがケータイに統合されたら
すばらしい。
または、割引クーポン券。
これもかさばるので家においていたのにそういうときに限って
お店に行ってしまう。。。

そういうことがよくある。
お財布ケータイでこれが実現できれば、財布が厚くなるという
心配が要らなくなる。

家の鍵もそうですね。
ケータイが鍵になったらすばらしい。
たまに出かけた後に、
「あれ家のかぎ閉めたっけ?」
なんて心配もし、戻って取りこし苦労なんてこともあるが、
ケータイになれば遠隔地でも確認できるようになるし。

そんなことが実現できる世界が出来たらすごいなぁ...
でも、そんな夢物語ではなく、技術的には今の技術でも出来るはずである。

あとはいろいろな会社を巻き込んで標準化するのが
一番難しい部分であるが....

夏野さんの今後に期待しております。
[PR]

by takes90 | 2006-04-08 14:14 | 戯言

サイバーエージェントの新規事業立ち上げプログラム

Gyaoにて「Real Business」という番組がある。
これは、USENの社長の宇野さんがいろいろな会社の社長に
インタビューすると言う番組。

どこから見ようかなと迷っていたのだけど、とりあえず
サイバーエージェントの藤田さんのやつから見ることにする。

この中で、へぇ、面白い仕組み棚と思ったのが、サイバーエージェントの
事業のくくり方。
ここでは、J1、J2、J3と事業を格付けしているらしい。
J1は中核事業。
J2は今後発展性のある将来性のある先行投資事業
とかいった具合に。

詳細は、ここらへんに書いてある。
2週間で新事業を立ち上げる法

あとは、社員とのコミュニケーションとして社長がブログを書いている
というのもなかなかいい仕組みだなぁと思った。
[PR]

by takes90 | 2006-04-08 13:15 | 戯言