2005年 01月 29日 ( 1 )

老人ホーム

祖父が他界した。
お葬式に参加するために福岡まで行ってきた。

福岡はとても遠い。
電車の中では「海猫」を読んでいたんだけど、大分読めた。
あと少しで結末。

感想は、読み終わったときにでも改めて書く。

祖父は老人ホームに入っていた。
そして、私は、その老人ホームのゲストルームという老人ホームの
空き部屋に泊らせてもらった。

老人ホームを見ていると「老い」というのを考えさせられた。
部屋の作りも当たり前だけど老人むけに作られている。

あらゆるところに手すりがあり、階段は少ない構造で、
あらゆるところに緊急時に呼び出すためのコールボタンも
ついている。

いつの日か自分も入る日がくるのかということを想うと
なんか人の生涯って...と思ってしまう。

人生って儚いよなぁ...
と思ってしまった。
[PR]

by takes90 | 2005-01-29 00:48 | 戯言